TURKY☆のthe Hi-Hat whisky な日々

mggenki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 08月 06日

ウチのテレキャス話

眠れない夜にはレッツブログ。

僕がバンドのときメインで使っているのが松下工房製のテレキャスターカスタム。

所謂アベフトシモデル。

d0162711_1222490.jpg


本当は普通のテレキャスタイプと迷ったんですが、結果的に手元にあるのはカスタム。

テレキャスはフジゲン製のものがあるんでカスタムにしました。

テレキャスはシンプルな造りでフェンダー派の自分には最高の選択だったと思います。

良いギターです。

最近カスタムをメンテしてもらったときに分かったことがあるんですが、あえてのチョイスが生む音がある。


フェンダーで言うならUSAとJAPANでは材料が違う。

木材だけでなく、ピックアップやポットが違う。

JAPANでもUSAで使われているピックアップを搭載しているモデルもあるけど、実際はポットがJAPANの小さいものが使ってあるんでやっぱりUSAのような音にはならない。

話を戻すと…

アベモデルはフロントのハムがフェンダーJAPAN。

リアはUSAのビンテージモデル。

セレクターはミュージックマン。

でポットはJAPANの小さいもの。


フロントのハムはほとんど使わないんで気にならなかったけど、まさかポットがUSAじゃなかったとは知らなかった。

お店のリペアマンが言うには、ポットを変えれば音が良くなる。でも、今の音を生み出すためにこのポットはつけられているから変えたらキャラクターが変わってしまう。とのこと。

このブログの内容は普通の人にはどうでも良い内容なんですけど、アベモデルが欲しい人達にとっては知りたい内容なんだと思います。

少し前にでたフェンダーJAPANのアベモデルを買った人達は本物の音に近づけたくてピックアップを手に入れて改造したりするらしいんですが、もしポットを変えた方がイイかも?って思ってる人がいたら、そのままの方がアベモデルに近いですよってことです。

実際僕のフジゲン製のテレキャスの方はポットも良いやつに変えてあるせいかピックアップを変えたら音が良すぎて?太すぎて?少し自分の思惑から外れたギターになってしまった気がする。

アベモデルに今装着しているパールホワイトとは別に鼈甲のピックガードを持っているんで、それにUSAのものをつけて音の違いを検証してみたいんですよね。

って言うか新しいピックガード作りたい。

鼈甲はワシントン的な絡みで原料が入らなくて高騰してる上にエレキのしかもカスタムのピックガードはデカイから本物は無理なんですよね。

でも鼈甲柄の印刷は嫌なんですよね。

目立つ色の鼈甲ピックガード作れるお店知ってるかたおられましたら教えて下さい。

なんだか内容かよく分からないブログですみません。

これはストレス。

そう!ギター弾きたい病を紛らわせる為に頭の中のことを少し外に出したってだけです。

アベモデル欲しい人は松下工房に電話して作りましょう!

僕のオススメは二号機。

しかもそれをライトじゃなくてヘビィーアッシュで作る!

あのピックガードの柄もイカしてる。

材料ないかもしれないけど。

実は久しぶりにバンドメンバーと会えるんでテンション上がってます。

おやすみなさい。

レッツバランタイン。

~LIVE SCHEDULE~
◆只今、育児休業中なので当分ライブはありません。

◆ファーストアルバムwonderful journey好評発売中♪
SCANTY'S WebSTOREにて通信販売が可能です。
☆CD取扱店様一覧☆
SCANTY
カフェレストチェルシィ
CANDY STORE
BAR WORKIN
レ・シャノワール
SAKABA BELINDA

◆こちらでasayakenoGOLD.の音源が聴けます♪
my space

◆ターchan.Twitterフォローミー♪

◆各種お問い合わせは
asayakenogold@gmail.comこちらまで☆

by ta-chan_genki | 2011-08-06 00:41 | 音楽ざんまい


<< 8月8日はScantyの日      フジケンレコーディング@Goo... >>